弔電のお花の選び方

遠方のため、どうしてもお葬式に行けないことがあります。そんなときには、悲しみの気持ちを伝える弔電を送ります。弔電を送るときフラワー電報を選べば、より気持ちを伝えることができるでしょう。とはいっても、弔電に付けるお花選びは、どのようにすればよいのでしょうか。ここではそのことについて考えます。

弔電用のフラワー電報のタイプには、花かごタイプ、胡蝶蘭などの鉢タイプ、スタンドタイプなどがあります。花かごタイプのものは、白いゆりやラン、菊などを花かごの中にアレンジメントします。葬儀が終わったあとに持ち帰りやすいというメリットがあります。スタンドタイプのものは高さがあり、立体感がでます。葬儀場に送ればそのまま飾ることができ、会場の雰囲気を豪華にすることができるでしょう。

肝心な花選びはどうすれば良いのだろうか、と悩みそうですが、フラワー電報なら大丈夫です。「お悔やみ用」と伝えれば、相手方に失礼にならないよう、花選び、フラワーアレンジをしてもらえます。特別にこだわりがないなら、選ぶのはフラワーアレンジメントのタイプだけで大丈夫です。故人のイメージや遺族のご都合などを考えて、アレンジメントのタイプを選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

祝電のお花の選び方

心を込めて送りたい、特別な日の電報。お花といっしょに送れるフラワー電報は、お祝いの気持ちを伝えるのにピッタリです。さて、ここではフラワー電報を送るときのお花の選び方について考えましょう。

フラワー電報のお花のタイプには、プリザーブドフラワーと生花があります。プリザーブドフラワーとは、生花の一番美しい時期に特殊な加工を施して水分を抜きとり、色を加えたりしたものです。生花と同じように美しく、カラーバリエーションが豊富です。

プリザーブドフラワーは水やりの必要がなく、5年~10年ぐらい長持ちすると言われています。結婚式のフラワー電報なら特に、できるだけ長く飾っておけるプリザーブドフラワーは人気です。結婚式のあとは新婚旅行に出かけるケースが多いため、生花をもらっても困る、というカップルが多いからです。

中には生花にこだわりたいという方もいるでしょう。生花には生花なりの魅力があります生花のフラワー電報の場合、花束タイプ、花かごタイプ、鉢タイプ、スタンドタイプなどがあります。お誕生日や入学祝い、卒業祝いには華やかな花束、花かごが人気。起業祝いは胡蝶蘭の鉢やおしゃれなフラワースタンドが喜ばれます。お店のイメージに合わせて選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

生花を届けられる魅力

古くは、電報といえば緊急時の唯一の連絡手段でした。受信する方はモールス信号を読み取ったものを一文字ずつ筆で紙に起こす必要があり、1分間に4~5文字が限度だったのだそう。それで、価格は文字数によって決められ、できるだけ少ない文字で送っていたのだそうです。

携帯電話やインターネットが普及した現代でも、電報は特別な感じがあり、お祝い事やお葬式などの重要なタイミングで利用されています。メールやラインでメッセージを送るのは簡単ですが、手間がかかり、料金も高い電報だからこその魅力があるものです。

そんな電報ですが、最近ではぬいぐるみ電報やバルーン電報、マシュマロ電報などバリエーションが増えています。その中のひとつにフラワー電報があるのをご存知でしたか?フラワー電報の魅力は、なんといっても生花を贈れること。

生花は昔から、喜びや悲しみの気持ちを伝えるのに利用されてきました。自然のものだからこそ、心にうったえる大きな力を持っているともいえます。生花は生き物なので、そのままの状態を長持ちさせるのは難しいですが、それだからこその価値があるのではないでしょうか。その日のためだけにアレンジされたお花を電報に添えれば、心からの気持ちを伝えることができるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

人気のフラワー電報

電報サービス企業が生花店と提携し、電報といっしょに生花を届けることのできるフラワー電報。ただ電報のみを送るよりも、気持ちを届けることができます。電報を送る用事があるのなら、お花付きのフラワー電報を検討してみるのはどうでしょうか。

電報は大きく分けて、おめでたいときに送る祝電と、誰かが亡くなったときに悲しみの気持ちを込めて送る弔電のふたつがあります。祝電は一般に結婚式、入学式、卒業式、同窓会、友人の出産などのお祝いときに送ります。弔電はお通夜やお葬式のタイミングで送ります。電報を送ることで、「やむを得ず出席できないけれど、今回の出来事を重要なことだと思っています」という、誠実さや気持ちを伝えることができます。フラワー電報なら、なおのこと気持ちがよく伝わるでしょう。

手紙やメールと比較したときの電報の良さは、会場に直接届けられること、また、記念としていつまでもとっておけることです。また、電報はゲストの前で読み上げられることがしばしば。出席はできなくても、皆と気持ちを通わせられる感覚が持てるでしょう。

フラワーの種類やアレンジメントは、祝電用と弔電用が用意されており、そのそれぞれからさらに選ぶことができます。そして、近くの加盟店より、新鮮なお花を贈ることができます。受け取る方も喜ばれるにちがいありません。

通信が便利になった現代でも廃れずに利用され続けている電報ですが、そのバリエーションは増えています。その中でもおすすめなのが、ここでご紹介するフラワー電報です。フラワー電報についてよく知り、さっそく利用してみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket