弔電のお花の選び方

遠方のため、どうしてもお葬式に行けないことがあります。そんなときには、悲しみの気持ちを伝える弔電を送ります。弔電を送るときフラワー電報を選べば、より気持ちを伝えることができるでしょう。とはいっても、弔電に付けるお花選びは、どのようにすればよいのでしょうか。ここではそのことについて考えます。

弔電用のフラワー電報のタイプには、花かごタイプ、胡蝶蘭などの鉢タイプ、スタンドタイプなどがあります。花かごタイプのものは、白いゆりやラン、菊などを花かごの中にアレンジメントします。葬儀が終わったあとに持ち帰りやすいというメリットがあります。スタンドタイプのものは高さがあり、立体感がでます。葬儀場に送ればそのまま飾ることができ、会場の雰囲気を豪華にすることができるでしょう。

肝心な花選びはどうすれば良いのだろうか、と悩みそうですが、フラワー電報なら大丈夫です。「お悔やみ用」と伝えれば、相手方に失礼にならないよう、花選び、フラワーアレンジをしてもらえます。特別にこだわりがないなら、選ぶのはフラワーアレンジメントのタイプだけで大丈夫です。故人のイメージや遺族のご都合などを考えて、アレンジメントのタイプを選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket