生花を届けられる魅力

古くは、電報といえば緊急時の唯一の連絡手段でした。受信する方はモールス信号を読み取ったものを一文字ずつ筆で紙に起こす必要があり、1分間に4~5文字が限度だったのだそう。それで、価格は文字数によって決められ、できるだけ少ない文字で送っていたのだそうです。

携帯電話やインターネットが普及した現代でも、電報は特別な感じがあり、お祝い事やお葬式などの重要なタイミングで利用されています。メールやラインでメッセージを送るのは簡単ですが、手間がかかり、料金も高い電報だからこその魅力があるものです。

そんな電報ですが、最近ではぬいぐるみ電報やバルーン電報、マシュマロ電報などバリエーションが増えています。その中のひとつにフラワー電報があるのをご存知でしたか?フラワー電報の魅力は、なんといっても生花を贈れること。

生花は昔から、喜びや悲しみの気持ちを伝えるのに利用されてきました。自然のものだからこそ、心にうったえる大きな力を持っているともいえます。生花は生き物なので、そのままの状態を長持ちさせるのは難しいですが、それだからこその価値があるのではないでしょうか。その日のためだけにアレンジされたお花を電報に添えれば、心からの気持ちを伝えることができるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket