人気のフラワー電報

電報サービス企業が生花店と提携し、電報といっしょに生花を届けることのできるフラワー電報。ただ電報のみを送るよりも、気持ちを届けることができます。電報を送る用事があるのなら、お花付きのフラワー電報を検討してみるのはどうでしょうか。

電報は大きく分けて、おめでたいときに送る祝電と、誰かが亡くなったときに悲しみの気持ちを込めて送る弔電のふたつがあります。祝電は一般に結婚式、入学式、卒業式、同窓会、友人の出産などのお祝いときに送ります。弔電はお通夜やお葬式のタイミングで送ります。電報を送ることで、「やむを得ず出席できないけれど、今回の出来事を重要なことだと思っています」という、誠実さや気持ちを伝えることができます。フラワー電報なら、なおのこと気持ちがよく伝わるでしょう。

手紙やメールと比較したときの電報の良さは、会場に直接届けられること、また、記念としていつまでもとっておけることです。また、電報はゲストの前で読み上げられることがしばしば。出席はできなくても、皆と気持ちを通わせられる感覚が持てるでしょう。

フラワーの種類やアレンジメントは、祝電用と弔電用が用意されており、そのそれぞれからさらに選ぶことができます。そして、近くの加盟店より、新鮮なお花を贈ることができます。受け取る方も喜ばれるにちがいありません。

通信が便利になった現代でも廃れずに利用され続けている電報ですが、そのバリエーションは増えています。その中でもおすすめなのが、ここでご紹介するフラワー電報です。フラワー電報についてよく知り、さっそく利用してみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket